August 30, 2005

どこにでもいそうな横柄な医者のお話。5

手術中に患者の頭ポカリ 「動くな」、医師を停職

 国立病院機構滋賀病院(滋賀県東近江市、朝山純院長)の医師が、手術中に「やめてくれ」などと言って暴れた患者に腹を立て、頭を殴って5日間のけがをさせていたことが30日、分かった。
 同機構は同日、国家公務員法に基づき、この医師を停職3カ月の懲戒処分にした。
 同機構の近畿ブロック事務所によると、医師は8月1日、局所麻酔をした患者の手術中、患者が「手術をやめてくれ」と言って体を激しく動かし始めたため、額をこぶしで1回殴り、「じっとしておけ。黙っていろ」などと暴言を浴びせた。
 医師は手術を途中で打ち切り、終了後に看護師が上司に報告。医師と副院長が患者と家族に謝罪した。患者は事前に手術に同意していたといい、患者は約3週間後に別の医師が再手術したという。
(共同通信) - 8月30日18時13分更新


m-11_04726 at 19:29│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by LixAlexygex   December 29, 2010 03:59
1 �諷褞韲迯 驤窶鞳鴿 褥闊鴾 � 跪驫矼 - <a href=http://vorsbertothe.narod.ru/doc_248.html>鳧 瑁鉤� 驤窶顋 騾蜥</a>

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
QRコード
QRコード